長く気分が悪い状態が続くのなら脳内のバランスが崩れている可能性があるので治療をしよう

サイトメニュー

うつ病は医師の下で治そう

ハート

精神科での治療内容と注目を集める医療機関

うつ病になると脳が正しく働かないため、気分が晴れない状態も半月以上続きます。ですから気分の重い状態が長引いている際はうつ病を疑い、精神科で診察を受けてみましょう。精神科では気分が晴れない時の治療も用意されていますから、早く通えば症状が悪化せず、治りも早くなるのです。治療は抗うつ剤を中心に進められるのが基本であり、うつ病によって失われた脳内神経物質を薬で回復させていきます。うつ病になると脳内ではセロトニンやノルアドレナリンが極端に減るため、抗うつ剤でその量を増やすのです。セロトニンは幸せを実感する時に不可欠な物質ですから、これが不足すれば楽しいことをしても幸福感を得られなくなります。このため心は不安に支配され、常にネガティブな思考に捉われるなど、気分が晴れない状態が続く訳です。ですが精神科で処方される抗うつ剤を飲み続けますとセロトニンが増え、脳の活性も高まり、次第にポジティブな思考も取り戻せるようになります。それに伴って失われていた幸福感や心地良さも感じられるようになるのが一般的です。そして精神療法も取り入れている精神科では、カウンセリングによってもうつ病を治療することもできます。認知行動療法では心にストレスをためない思考パターンを学び、うつ病を改善するだけでなく、再発しない術も学習できるのが特徴です。

お洒落な雰囲気やスタイリッシュな医院が多いため、メンタルクリニックはうつ病の治療先として注目の的になっています。総合病院の精神科や精神病院では、精神関連の医療機関に通っていることが自他共に丸分かりです。その点、メンタルクリニックはオブラートに包まれたニュアンスがあるので、精神科という看板に敷居の高さを感じる場合でも通いやすくなっています。精神関連の医療機関へ通うこと自体にストレスを感じる人には、これほど魅力的な治療先はありません。また、気分が晴れない場合、精神科へ行けば良いのか、心療内科へ通えば良いのか迷うことも多々あります。ですが大半のメンタルクリニックは精神科と心療内科に対応していますから、受診先が分からない時にもピッタリです。そして、気分が晴れない時は何をするにも億劫になりますが、メンタルクリニックは駅から近い医院が多いため、立地的に通いやすくなっています。そのうえ土日診療や、夜遅くまで診察している医院も数々見られるなど、時間的にも通院しやすくなっているのです。このほか、女性の場合は女医が勤務するメンタルクリニックや、レディースメンタルクリニックに通われるケースも少なくありません。ドクターが同性なら男性医師には話しにくいことでも気軽にしゃべれるため、治療が進めやすくなるのです。